LPWA

省電力ソリューション

Power Hunter

コンパクト・室外フィールド試験最適

省電力

電池持ち時間30%UP可能

近年IoT技術が普及する共に、IoTデバイスが大幅に増加する見込みです。IoT技術はセンサ技術や無線技術など構成されています。特に無線技術は有線技術よりセンサデータの収集に対して便利性が大幅に上向しながら、コストも劇的にやすくなるため、一気に普及しました。

無線技術として、BLE, WIFIなどから始め、最近Wi-Sun, Lora, Sigfox, LTE-カテゴリM1、 NB-IoTなどいろな規格が市場に現れました。

IoTデバイスもう一つの特徴は電池駆動です。単3電池2本で数年間動作できることを要求される場合が多いです。

無線技術やチップ技術には省電力技術の要素が非常に重要なテーマです。

LPWA(Low Power Wide Area)技術に「低消費電力」の特性を重点的に設計されていますし、

ほとんどのIoTデバイスの低消費電力対策が必須機能として、重視されています。

一方市場には「低消費電力」という技術テーマに対して、ビジネスを展開する会社はほとんどいません。

ミニ・ソリューション、「低消費電力」技術要素と市場のキャップを埋めるために、各ツールとソリューションを提供しています。

消費電力測定ツール「PowerHunter」 IoTデバイス省電力ソリューション IoT応用製品現場動作品質測定/評価サービス(IoTxAI)